【iPhone】【iOS】リマインダーのすすめ

はじめに

使えば使うほどに重要性を増してくるリマインダーアプリ。

私も普段から重宝しているアプリだが、改めて自分がどんな風に使用しているかをこの記事を書きながら見つめ直していこうと思う。

それでは行ってみよう。

iPhone純正アプリ『リマインダー』

リマインダー

リマインダー

Apple無料posted withアプリーチ

標準アプリなので使ったことのない人もおそらくiPhoneのどこかに入っているはず。

リマインダーとは???

リマインダーの意味自体は

『思い出させてくれること』『思い出させてくれる物』

その意味通りの機能で、

iPhoneに忘れてはいけないことを記録し

必要なときにiPhoneが『おーい、これ思い出して!』

とお知らせしてくれる機能だ。

これさえあれば使いこなせる基本的な入力項目は2つ。

『思い出したい内容』

『思い出したい時間や場所』

このふたつさえ入力してしまえば、リマインダーの基本的な使い方はバッチリだ。

指定した時間指定した場所に来たり離れたりしたときに通知をしてくれるようになる。

基本的には時間指定で使うことがほとんどだと思う。

『明日の○時に○○○』

『○月○日に○○』と言った具合だ。

場所で指定する場合は

『会社に着いたら○○』

『自宅を出たら○○』

と言ったように指定した場所に着いたときのパターンと

指定した場所を離れたときの2つのパターンが使える。

この2つのパターンが使えるのが非常に助かる。

例えば、急ぎではないけど時間のあるときにやっておきたいようなこと。

ここでは『トイレットペーパーを買う』にしよう(笑)

緊急ではないため時間のあるときに行っておきたいのだが緊急性がないため忘れやすい。

しかもスーパーに行く癖がないので、スーパーに着いたときにリマインダーが来るようにしても意味がない。

スーパーには滅多に行かないため、リマインダーそのものが起動しないのだ。

なのでここでは会社を出たら『トイレットペーパーを買う』というリマインダーを通知してもらうように設定。

そうすると会社から出ると『おい!トイレットペーパー買え!』とiPhoneが教えてくれる。

今日買いに寄れる時間があれば買いに行けば良いし、なければ明日再通知を選べば良い。

何もリマインダーは必ずその時にやらなければいけないことだけで使うものではないと言うことだ。

一つのリマインダーに多彩な情報を付随できる。

いまやリマインダーはメモ帳代わりになると言っても過言ではないほど

たくさんの情報を付けることが出来る。

こちらがリマインダー登録時の画面。

リマインダーの内容、メモ、URLなどから始まる多彩な項目。

なんとびっくり!

指定した人にメッセージを送ろうとするとリマインドしてくれる機能まである。

日本ではLINEがメインになってくると思うので、

あまり使い道はないかもしれないが、

仕事相手だと使い用はあるかもしれない。

いちいち使う癖を付けることが必要。でも頼りすぎは禁物。

リマインダーを使いこなすには、癖を付けることが重要だと思う。

そうしないと必要なときにリマインダーを付けること自体がなくなってしまう。

ただ、何でもかんでもリマインダーに頼るのも脳が衰退してしまいそうな気もする。

忘れても取り返しのつくようなことは自分で覚えておく努力をすることも必要だと思う。

まとめ

いかがだっただろうか?

純正アプリはシンプルながらも、純正ならではの連携だったり使いやすさがある。

多機能さや、あっと驚くアイデアにはかけてしまうかもしれないがそれでも

『純正』という圧倒的な強さがある。

一度は目を通して使って見て、気に入らなければ他のアプリを使っても全然良いと思うので、まずはどんどん使ってあげて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です