iOS14のウィジェット追加機能。普通に考えてデカすぎない!?« iPhoneな日々 »*Vol.45*

f:id:asakatomoki:20191026105822p:plain

iPhone・Apple雑談!

ブログをやっているとふいに自分の考えを発信したくなるものだ。

もちろんなるべくiPhoneなどAppleに関連した話題にするつもりではある。

なにか取って置きの情報を、とかではなくみなさんがAppleやiPhoneについて深く考える機会になってくれたらと思う。 

iOS14の新しいウィジェット機能。

今までもウィジェット機能そのものはあった。

アプリの通知を確認できたり、アプリを開かずとも概要を把握できたりとなにかと便利な機能。

そのウィジェット機能がさらに強化されたというのだからかなり期待していたのだが。。。

ウィジェットデカすぎませんか?

ホーム画面にもウィジェットを配置できるようになりかなり利便性が上がったiOS14だが、個人的に一つ引っかかることがある。

それはウィジェットの大きさ。

f:id:asakatomoki:20200821193320j:image

大きさは選べるようにはなっているが、その中でも最小サイズがアプリ4つ分のサイズというのが少し残念だなと感じている。

まだまだAndoroidには及ばないのか。。。と思ってしまった。

アプリ1つ分とは言わなくてもせめて2つ分くらいのサイズは準備してほしかったなぁという気持ちがある。

たとえ視認性が悪くてもだ(笑)

今の最小サイズだとそれだけで4つのアプリを置けなくなってしまう。

iPhone11ProMaxのホーム画面にはアプリが4×6の24個のアプリを配置できる。

そのうちの4つのスペースを使うとなると6分の1のスペースを使われてしまうのだ。

2つウィジェットを置いたら3分の1。

もはや寝室に置いてあるダブルベッドくらいの領域を支配されるという(笑)

これが私がホーム画面にウィジェットを置いていない最大の理由。

何年も積み重ねてきたホーム画面の配置にいきなりそんなデカイものは置けない。。。

配置がガラッと変わりすぎて整理整頓するだけで一苦労になってしまう。

せめて横4つ分のサイズとかがあればもうちょっと配置しやすかったかなとも思う。

正方形のサイズでウィジェットに居座られるとなかなかね(笑)

回避策としては。。。

私のこの不満を回避する方法としては。。。

ウィジェット専用の画面を作ること。

『いやいや!もうすでに一番左のページにありますやん!』

という声が聞こえてきそう。

でも考えてみて?そこももうすでに今まで配置していたウィジェットが並んでない?

下にスクロールすりゃええやんって話なんだけど。。。

ウィジェット画面は無段階スクロール。(言葉は自分で考えたので気にしないでください)

これだと目的のウィジェットまでスクロールするのにどれくらいスクロールしたらいいかというのが感覚値になってしまう。

ページ送りにしてくれれば何回フリックすればいいかというので判断できるんだけど。

Appleらしくないというか逆にらしいというかおしゃれに気を使いすぎた無段階スクロールは逆に使いづらくなってしまうと思っている。

勢いよくスクロールしてしまって『ピューッ!』と目的のものを通り過ぎてしまったという経験が皆さんにもないでしょうか?

以上の点から、ウィジェット画面には1画面で完結する程度の面積のウィジェットを配置したいというのが私の考え。

だからホーム画面にもう一枚ウィジェット専用画面を作ろう!ということで作ってみた。

f:id:asakatomoki:20200821193210j:image

うーん。。。なんかやっぱ。。。使うかと言われたら使わないような。。。(笑)

でもせっかく作ったからしばらく様子を見てみようと思う。

Apple純正のウィジェットより、もっとサードパーティアプリのウィジェットがほしいというのが最終的な本音だ(笑)

まとめ

最近のAppleの新機能はなんか微妙なものばかり。

たしかに嬉しい機能ではあったりするんだけど

今更感が出ちゃっててこのタイミングでいきなり機能追加されても

どこで使ったらいいかがわからないよ。。。となってしまう。

私が未熟でわがままなだけなのか。。。(笑)

“iOS14のウィジェット追加機能。普通に考えてデカすぎない!?« iPhoneな日々 »*Vol.45*” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です